セフレはイケメンでなくてもできる!

セフレ1

セフレをつくるのは、イケメンである必要はありません。

まず、エッチ目的の女の子と出会うことは、出会い系サイトを利用することで、割と簡単になりました。ですが、セフレとしてその後もエッチありのお付き合いを続けられるには、会った時に「また会ってもいいな」と思ってもらう必要があります。

ポイントなのは、「会いたい」ではなくて、「会ってもいい」くらいで良いということです。すこーしハードルが低いってことです。

では、女の子にそう思ってもらうために必要なポイントを考えてみます。

自然な気遣いができる

ちょっとした気遣いで良いので、相手の女の子が楽に過ごせるように意識して行動できるかが、女の子からの評価を大きく変えます。

例えば、男より女のほうが「寒い」のは苦手なので、夏のエアコン温度に配慮するとか。歩く速度も違うので、急ぎ足にさせてしまわないように歩くとか。

あとはこちらの勝手な思い込みを押し付けるのは逆にマイナスです。

「だいじょうぶ?」
と一声かけて、確認しながら、一緒にいて楽しい時間を過ごせるようにしましょう。

相手の女の子がセフレとして求めていることを理解している

女の子からみてもこちらはセフレです、当たり前ですが。そうなると彼氏彼女、夫婦とは違う関係なわけですから、その差も理解しておきましょう。

特に彼氏や結婚していて家庭がある相手の場合、そういった本来の関係や環境に悪影響がでないように気を付けてあげることも、良いセフレとして必要です。

また、セフレは普通ではない関係として、普通の彼氏や夫には頼めないようなプレイも可能なことに魅力を感じる女性もいます。そういった女性の欲求を見逃さないようにして、そのエロ願望をできるだけかなえてあげましょう。

普通はできないことをさせてくれる・してくれる相手なので、セフレであるあなたは特別な人になりますから、かなり価値の高いセフレとして長く良い関係がもてます。

清潔感が必須

セフレも一緒に街を歩く相手となります。

もちろん、女性の知り合いなどにはあまり会いにくい場所を選ぶので、一緒に歩いている様子をみるのは見知らぬ他人ですが、恥ずかしい相手と歩いているのはそれでもイヤでしょう。

女性から最も拒否される要素が、清潔感のない外見です。

整えられていないヒゲや、寝癖などの髪型、ヨレヨレな服だと「次はない」とされていまいます。他にも手元はよく見られるので、爪が伸びすぎていたり、汚いとゲンナリされます。女性に限らず、よくチェックされる点として、靴がありますので注意しましょう。

まとめ

求められていることは難しいことではないです。でも、意識していないとできないことかな、と思います。

セフレであるあなたとの時間は相手の彼女にとっては、休日などの余暇時間です。そういった時間を楽しく、快適に過ごさせてあげることが、良いセフレ関係を長く続けるための1つのポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加