ファッションに自信がない場合は店員さんにオマカセ

ファッション店頭

ぱっと見の会った瞬間のイメージというのは大事です。

そのあとの時間でイメージが変わることもあるわけですが、やっぱり最初にもたれたイメージが基準になっていきます。そうなると、やっぱりすこしでも好印象からスタートしたいです。

そのために簡単にできることとして、服装があります。

とはいえ、私はファッションセンスなんて自信がありません。周りにアドバイスをくれるファッションに詳しい知人がいれば、手伝ってもらうのが良いでしょう。1つ注意点があるのは、詳しいひちは凝り性だったり、独特なケースもあるので、一般受けの良い服装をお願いしましょう。

簡単にポイントをあげると、

  • 自分の年齢相応
  • できれば女子受けの良い
  • 流行りものではない
  • 冬はダウン以外も

といった所でしょうか。

お店や店員さんのオススメに従う

ファッションに自分で自信がないし、まわりにアドバイスをもらえそうなファッション得意という友人も思い当たらない、となった場合です。

そのときは、お店のマネキンで紹介されているセットや、チラチなどでモデルさんが着ているような服の組み合わせが無難で、簡単です。あまり過激な組み合わせもせず、一般受けしやすいものになっていることがほとんどなのも良いです。

ちょっとはずかしいですが、店員さんに「これと同じのください」と伝えればOKです。

そういったセットだと、売りたい商品が含まれているので、お店によってはちょっと価格が他より高い品がまじっていることがあるので、値札はきちんと確認しましょう。店員さんに相談すれば、そのへんも変わりを提案してくれますから、手頃な値段で組み合わせてもらいましょう。

ちょっと頼むの恥ずかしいよ、と思うかもしれませんが、割といるらしいので気にしないで店員さんに頼んでみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加