AVはフィクションだと知る

av撮影現場

セフレに限らず、SEXで要注意なことがあります。

それは、AVがフィクションで現実とは違うということです。

なにを当たり前のことを!と思うかもしれませんが、AVの展開(モテまくるとか、シチュエーション)だけでなく、SEXの内容がフィクションだと理解していますか?

過激な演出は実際のSEXとは違う

AVは男を楽しませるための娯楽ですから、魅せるための演出があります。特に激しい手戯とかがありますが、ローションたっぷりだから、もしかしたらそれでも痛いくらいな内容だと思います。ですので、当然ながら普通のSEXをあの勢いを真に受けてやってしまうと、相手の女性にすごい負担を強いることになります。

そんな痛みを与えてしまうと、当然ながら快感も抱かれたいという気持ちも遠のいていきますから、満足のいくSEXなんてできません。

最初は優しく、徐々に進めていくことを意識して、愛撫をしないといけません。

潮吹きは特に誤解がある?

一時期から流行りものみたいに「潮吹き」ができるAV女優がはやったり、だれでもやるようになったりしました。今では普通のプレイの1つみたいになってますね。

でも、あんな水芸みたいな「ぴゅ~っ」と吹き出るのは、色々な条件がそろっていないとダメらしいです。AV女優さんの引退後の裏話みたいのを読んだときにも、そんな話がありましたが、かなり体に負担があるようです。

ああいった派手なものではないですが、潮吹きをさせた経験はあります。もっと「じわっ」とあふれてくるような感じで、手がびしょ濡れになります。Gスポットとクリを刺激つづけるとそうなります。

まとめ

SEXの仕方、なんてどこでも習えませんよね。
そのせいか、身近にある過激なAVが見本になってしまうようです。

一休みしている時間とか、ベットでの雑談で「わかっていない男が多すぎる」という愚痴は何度も聞きました。女性は多少は「違うな」と思っていても演技してしまうそうです。それに騙されて満足している男性も多いようで、「気づいてくれない」とも言われます。

できれば、それは指摘してくれたら治す男性が大半と思うのですが・・・

そういった性の不満が多いから、私みたいなのが簡単に出会えるほどにサイトでセフレとかの相手を探す女性がたくさんいるのかな、とも思いますが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加