セフレづくりにマメである、は強い武器だ

手を引いてエスコート

何度か書いていますが、出会い系で会った女性にセフレになってもらうには、別にイケメンであったり、すごいお金持ちであったり、みたいな特別なことは必要ありません。

必須なのは清潔感、というか不潔でないことです。見た目の無精ひげとか臭いとかのケアができていれば最低限のハードルはクリアです。

更にそこに強みがあると、かなり良いわけです。
今回はその1つである、「マメな男」というのは強みだね、という話です。

女性の求めていることをマメに察知して実行

「してほしいなー」と思っていることを、やってもらえると喜びも強いですよね?

女性だってもちろん、それは同じです。
「こうしてくれたら」「こういう風にあつかわれたい」
みたいな欲求が様々にあるので、それをかなえてあげるとかなりの高評価です。

反面、その欲求は個々人で違っていて、女性の性格などで千差万別なので、それを的確にかなえてあげることは難しいです。

ですが、心配する必要はあまりいりません。

そういった試行錯誤、女性の欲求に対して応えてあげたい!という行為自体が好意的に受け止めてもらえますし、喜ばれます。多少の失敗、勘違いは許してもらえるので、やってあげる姿勢をもつことが大事です。

つまり、マイナスにはならないわけですから、やってあげたほうが得ですね!

これをよく気付いて、マメに、なおかつさりげなく実行してあげれると、同じ男からみてもかっこいいなーと思える男ですね。それができるというは、性格とか色々と条件があるのでだれでもできることではないと思います。だからこそ、強みなるわけです。

ですが、マメに的確にできなくても、上に書いたとおり、そういった欲求を叶えてくれる、配慮してやってくれるのは、それだけで喜ばれるので意識しておきましょう。

前に紹介したイケメン親友は、この手のがすごい得意です。

バイタリティーもあるので、いろいろなものに詳しかったり、手を出しているので、「これ好きっていってたよね」とか「これなんか好きじゃない?」みたいなのが、私にも良くマッチしてやってくれるんですよね(まー長い付き合いというのもありますが)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加