女の子へのちょっとした気遣いが高ポイント

おもいやり

ちょっとしたことでも、女の子への気遣いの積み重ねが、良い関係を継続されせくれます。

いくつか例を挙げてみようと思います。

歩く速度をあわせる

基本中の基本なのですが、できていない人もいるみたいです。

女性は歩く速度はあまりはやくないひとが多いですし、ヒールなど歩きにくい靴も多いですから、横に並んで歩きながら気を配ってあげましょう。

相手の女性が、頑張って歩いているようではダメですよ。

第三者への発言にも注意

例えば店員さんへの発言や行動が高圧的だったり、横で見ていて、不快感があるようだと女性からの評価が下がってしまいます。
「この人の素はこっちかな?」
と思われてしまうからです。

ネガティブな発言なども、せっかくの楽しい時間を損ねてしまうので避けましょう。

逆に相手の愚痴みたいのがあれば聞いてあげないといけないので大変ですが、相手の求めていることを知る重要な情報源なので、聞いてあげましょう。
話をしっかり聞いてくれる男性は、女性から喜ばれ、信頼度が高くなります。

寒さに気を付ける

女性は男性より、基本的に寒さに弱いです。
これは身体のつくりの差なので、個人差はありますが、基本は「寒さに弱い」です。

夏ならば強いエアコン、冬ならば外の寒さ。

自分の感覚だけにあわせてしまうと、女性には寒すぎたり、自分が平気だけど女性には快適ではなかったりするので要注意です。

違う、ということを知って、気を付けましょう。
ちょくせつ「寒くない?」など声をかけてもOKです。

まとめ

いくつか例をあげてみましたが、簡単なことですね。

すごいお金をかけたり、大仰なことを用意する必要はないんです。
会って、一緒に楽しい時間が過ごせるように、ちょっとした気遣いを心がけましょう。

あと、気遣い無用!という女の子もいる

女の子たちのキャラクターも様々です。

お姫様扱いとか、チヤホヤされるのがとにかく嬉しい!という女の子がいる一方で、そういった扱いを好まない女の子もいます。

そういった普通が良い、という女の子はこれまでの経験上、そういった意見をはっきり伝えてくるので、それを聞き流したりしないようにしましょう。

相手のことを考えて、相手をよく見ることで、求めていることに応えてあげましょう。
別に間違えても良いと思っています。
相手を思いやる姿勢が重要ですし、相手の心に響きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加