夜の遊びを一緒に楽しめる悪い友人は宝だね

新宿夜遊び

なんでも気兼ねなく、話したり、相談できたりできる友人がいるのは素晴らしいことです。

夜の遊びとかも、そういった話題を共有できたり、一緒に夜の街に繰り出せる、連れがいると色々と一人ではできない幅ができたりします。あとは、それぞれ個性があるので、女の子とであるための手法とかも、様々だなぁ、と感心したりします。

今回はそんな友人、悪友二人をご紹介しつつ、エッチ目的の出会いについて、色々と違いなどを書いてみたいと思います。

イケメンな社交家

割とさわやか風なイケメンで、しゃべりも達者なので人気者タイプです。
実はオタクで、運動神経が壊滅的だとか、色々とおそらくぱっと見の第一印象から想像するとギャップもある彼ですが、やはり顔がよく、更に話もうまいのでモテます。顔が平均点にとどいているよね?という私ではできないナンパなどもできるのは素晴らしいですね。

やっぱり顔がよいのは、女性への最初のとっかかりとしては強力な武器ですね。

おしゃべりも得意で、バイタリティーもあふれているので話題が豊富です。ですが、それでも女性相手には必要なだけ、優れた聞き手にまわれるのも、俺が俺がしていなくて女性には好評化なのでしょう。流行りものにも詳しいですし、話もうまいので、相槌の打ち方や話題への同調しかたなどが巧みです。

話下手な私は、彼に相談してそういった面が改善したところもあります。

イケメン、話し上手で人気者ですが、友人への気配りがゆきとどいているのも彼のすごい長所だと思います。「これ、この前気にしていたよね?」とか「これなんか好みだと思うから、試してみてよ!」とか、前話したちょっとしたことを覚えていてくれる、などからのレコメンド力とでもいうようなものが高いです。

こういった心遣い、気配りのよさが、ぱっとみのイケメンで終わらず、色々な人に好まれて女の子ともながーくセフレでも付き合いがあるみたいです。逆に長すぎて、ちょっとどうにかしたい、とかなって困っていることもありますが。

超趣味人のおっさん

もう一人とは真逆にいそうな、ちょい太めのおっさんです。

運動をやっていたのでがっちりしていて、エッチもパワフルな駅弁などの技もこなせる猛者です。(あれ、あんまり女の子に喜ばれるものでなく、AVの画面映えするものなので、そうそうしないそうですが)

アニメなどのオタクでもありますが、もっと渋い骨董とかの趣味にすんごいのめりこんでいる趣味人です。学生のころからそうでしたのが、いったいヤツは絶対同い年とはおもえぬ含蓄の持ち主でした(同級生です)

困っていたら、というか頼まれると断れないタイプで、いろいろなことで頼まれたり、まきこまれたりし続けています。

そんな彼の「人の好さ」がオーラとしてでもにじみ出ているのか、「聞き手」として女性受けがかなり良いらしいです。「聞いてもらえて安心した」「大丈夫だよ、って言ってくれて安心した」とか言われるようです。

まあ、女性の相談はほぼ聞いてもらうことで、目的を達成できていたり、「そうだよ」と背中を押してもらいたいものが大半なわけですが・・・趣味人のおっさんからのどっしり感が安心を産むのか、聞き手・相談相手として好評のようです。

彼から話を聞いた限りではわかりませんが、きっと彼ならではの自然な配慮ができているから、女性は満足度が高くて、高い信頼を得られるのでしょう。

まったく違う二人だけどセフレ持ち

なんだか、悪友といった割にもちあげすぎた紹介になっていますね・・・

二人ともイケメンは街でのナンパ、出会い系サイト。趣味人は出会い系サイトでセフレ、ハプバーなどでお遊び、風俗もという感じ。まったくもって、エロなお遊びもたっぷりとやりまくっています。

私も、彼らもセフレやそのとき限りの割り切りなど、SEXを奔放に楽しんでいますが、三者三様で出会い方も、エッチの嗜好も様々です。それでも共通しているのは、お互い楽しみたい、エッチで楽しませてくれた女の子は、相手も楽しんで気持ちよくなってほしい!という気持ちは同じだと思います。

電車内でたまに雑誌とかの見出しで「ヤレる女の見分け方」みたいなダメそうな記事をみかけますが、おそらくその方法でSEXできても満足度が高いのか?と思ってしまいます。私が若くないだけかもしれませんが、ヤレればOKではなく、満足のいくSEXをしたい!なので、女の子の協力と、結果的に満足もセットでないといけないんですよね。

なんともよくわからい記事になってしまいましたが、この悪友ともしかしたら他の悪友も、私だけのやり方ではなくて、ほかにも色々と面白い話もあるので紹介がてら今後も登場すると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加